×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



美大を受験したい!・・で、勉強は何をすればいいんでしょ?

武蔵野美大、多摩美大、金沢美大、大阪美大と美大もたくさんありますが、美大の試験は「実技」と「学科」の2つ。美術大学や受ける学部にもよりますが、美大の学科試験はだいたい国語と外国語(英語か仏語)の2科目。もちろん学科の勉強も大切ですが、美大受験で重点を置くべきは当然、実技試験。油絵なら木炭デッサン、それ以外の日本画、彫刻、デザイン系は鉛筆デッサンがほぼ必須で、さらにそれぞれの専攻の実技が美大受験には加わります(例えばデザイン系なら色彩構成等の平面デザイン)。ただ、美術大学の何を専攻するにしても共通して求められるのは、デッサン力。ものの形やトーン、質感などを捉え、表現するデッサンは、すべての制作の基本であり要です。その力をつけるには、一にも二にもたくさん『描くこと』。美大受験を目指すなら、遅くとも高2からデッサンスクールなどに通いしっかりと描き込んでおきましょう。

美大受験を決めたなら、できるだけ早くスタートを切ることです。

武蔵野美大、多摩美大などの美大受験に興味を抱く人が増えているようですね。美大のキャンパスライフを題材にした人気コミック「ハチミツとクローバー」(通称ハチクロ)の影響もあったのかな。中には真剣に美大受験を考えている人もいらっしゃると思いますが、美大受験するならできるだけ早く準備に取りかかることをお勧めします。別に美大受験に限らず受験勉強は何だって早く始めるに越したことはありませんが、美大受験の場合、学科の他に『実技』の試験が必ず課されます。ハチクロのはぐちゃんみたいに『誰もが認める天才』ならともかく、いえ、きっと彼女だって天賦の才に加えて努力し続けてきたからこそあそこまでの力を持てたに違いありません。そして美大受験の実技と言えば、どの学科を受けるにしても大事なのがデッサンです。美大受験学部によって鉛筆か木炭かは変わってきますが、美大受験の実技試験には必ずデッサンがありますから、美大受験を目指すならすぐにでも始めましょう。

美大・芸大受験関連情報はこちら

気になる商品情報を検索してみよう!


[ナイスな情報]

美大を受けたいけど、学部(学科)を迷ってしまうというあなたに。

武蔵野美大、多摩美大などの美大希望だけど何を専攻するか、迷うところですよね。これまで油絵をやってきたけど、先々のことを考えるとデザイン系の方が仕事に生かせる気もするし、少し陶芸にも興味がある・・。大丈夫、たいていの美術大学は専攻した以外の分野もいろいろ経験できますよ。必ずしもすべての美術大学で行われているわけではありませんが、美大に入ると他の学部を回る『体験期間』のような機会があります。だいたい2週間から3週間ほど、自分が希望する他の学部へ出向き小作品を作る体験ができます。それで他の美術分野に目覚め、実際に専攻を変える人もいます。単純に他の学部を覗けるのも楽しいし、そこの教授や学生とも知り合え、見聞や理解を深めることもできて、とても良い経験になります。最近は、京都精華大学のマンガ学科や大阪芸術大学のキャラクター造形学科といった新しい分野の学科も人気ですね。

美大・芸大受験関連情報はこちら


spacer.gif
Copyright © 2009 美大受験の準備情報